楽天まんが、ついに発売!

【楽天まんが、ついに発売!】

シナリオを担当した『まんがでわかる 楽天と起業家三木谷浩史』が3/2ついに発売となりました。ぜひ手に取って貰えたらと思い書きます。

いわゆる活字の「成功した経営者のビジネス書」には、要になった意思決定のエピソードであっても、地の文で、状況と背景があって、意思決定とその結果が事象として描かれているケースがほとんどです。

 例えば、「経営」も芸事と同様に、熟達者から「まねぶ」ことが最重要だとするならば、その熟達者=経営者の人柄、精神、佇まい、性分、時々の気持ちや熱情までをリアルに感じてこそ「まねぶ=再現性」が可能になると思うんです。

それを描けるのは「まんが」という媒体ならではの特性ではないかというコンセプトのもとで企画しました。

担当編集のHさんは15年ほど前にG街のバーで知り合いました。いまだサンデーを支える超大ヒット作の立ち上げ編集など数々の話題作を下支えしながら、そんなことは自らひと言も仰有らず、常にまんが家さんを敬う姿勢に尊敬と憧れを抱いていました。(そんなHさん担当なので品質は保証できます^^)

振り返って手帳を見ると、2016年10月17日が最初で、Hさんと御飯を食べながら「再現性のあるまんが」の話になり、現役の成功した経営者なら誰を…という中で、現役なら三木谷さんの軌跡を見たいですねと。

そこから楽天大学学長 仲山 進也さんにもご協力いただいて進めていき、世に出ているほぼすべての関連資料に目を通し、多くの関係者の方々に取材させていただき、実に500日間の時を経て、ようやく形になりました。

こうやって時間をかけて創る本も、皆さんに手に取って貰えなくては続きません。広報はOfficeMR 前田 亮子さんが頑張ってくださっています。もし、興味をもっていただけましたら、何卒よろしくお願いいたします。m(__)m。

◆楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15360316/
◆amazon http://amzn.asia/8hu64Ge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。