ごあいさつ

情報もモノも飽和している時代です。
そんな時代に「価値」を持つもの――それは感情であり、経験であり、ストーリーです。
ドラマのシナリオライターだった私は、感情を扱うエンタテインメント業界で、どうすれば人の心が動き、喜んで買ってもらえるのかという問題と長年対峙した結果、「人の感情を強く揺さぶるのは『ストーリー』しかない」と確信。
以来、それをビジネスにも活用して、テレビショッピングやアーティストビジネスをはじめ、様々なジャンルの商品/サービスで驚異的なセールスを記録してきました。
それら「ストーリーのビジネス活用」の事例と手法、更に大学院で修得した「経験価値と行動経済学」を加えて、講演やセミナーの形で伝えたり、ビジネスコミックの形でストーリープロデュースしています。

星野卓也
シナリオマーケター・ビジネス漫画原作・大学講師

日本大学芸術学部映画学科で映画構造理論を専攻、卒業後、『ときめきメモリアル』などのテレビゲームや、『ウルトラマン』シリーズなどのテレビドラマのストーリー/脚本(シナリオ)を手掛けた後に、テレビショッピングの構成に携わる。エンタメ業界で培ったストーリー技法を用いた構成によって、30分1番組で5億円の売上を打ち立て、たちまち話題となる。ストーリー構成によってビジネスを成功に導く著書『30分で5億売った男の買ってもらう技法』を執筆。以来、講演/研修活動にも従事するようになる。
その後、エンタメ業界最大手企業にて、映画の企画開発プロデュース、アーティストのブランディング及びマーケティングを経験。
現在は、「ストーリー技法をつかって、ヒト/モノ/コトを魅力的にデザインする!」をコンセプトに、シナリオマーケター(=ストーリー開発コンサルタント)として、大手企業から個人起業家まで、ブランディング、新商品/サービス企画、プロモーションツール開発、メディアプロデュース、まちづくりや企業研修、大学兼任講師などに従事している。
また、近年流行している、ビジネス理論や起業家の人生を具体的なマンガのストーリーに落とす「ビジネスコミック」のフィールドでも、企画や原作シナリオ作成及びストーリープロデュースといった形で関わり、ここでもビジネスとストーリーの融合を実践している。

【学歴/教育歴】

日本大学 芸術学部 映画学科 映画理論専攻 卒業
映画専門 大学院大学 コンテンツプロデュース研究科 修了
法政大学 大学院 経営学研究科 マーケティング専攻 修了(MBA)
慶應義塾大学 大学院 システム・デザインマネジメント研究科 博士課程 在籍
法政大学、東京情報大学 兼任講師(行動経済学、シナリオ論、放送メディア論)

 

【受賞歴】

セールスプログラム担当SONY「VAIO-Z」が「日経優秀サービス賞2011」受賞。
神田昌典氏+アジアマーケティング協会主催 「マーケティング白熱会議2012」優秀事例実践マーケター。
「USTREAM大賞2013」プロデュースチャンネル「U-strip」入賞

(作品ページ)

【主な著書】

・『実戦ストーリーマーケティング戦略』 (日本経営合理化協会)
・『思わず買ってしまう…マインドコントロール マーケティング!
TVショッピングの仕掛け人が明かす9つの心理操作テクニック』  (フォレスト出版)
・『30分で5億売った男の買ってもらう技法』 (インデックスコミュニケーションズ)

【主なストーリー原作担当ビジネスコミック】
・『まんがで読む楽天』(仮) (小学館) ※情報解禁はまだです
・『コミック版 一生折れない自信のつくり方』(アチーブメント出版)※情報解禁9月以降
・『コミック版 できる人の勉強法』 (KADOKAWA)
・『まんがでわかる 親子で始めるプログラミング教育
・子供の論理的思考力と問題解決力を高める育て方』 (KADOKAWA)